お知らせ

2022.09.14

上顎前突と下の歯のでこぼこを治したい:ホワイトワイヤー


引き続き、
この夏、治療が終わった患者さんのご紹介です。

症例紹介 part50 です。
(患者さんに掲載の許可をいただいております)

この患者さんは、初診時28才女性。

2019年11月に
矯正相談にいらした患者さんです。
「上顎前突と下の歯のでこぼこを治したい」
ということで来院されました。

2019年12月に検査診断
2020年1月にマルチブラケット装置セット

2年8ヶ月経過して無事ブラケット撤去しました。

初診時(2019年12月)と装置撤去後(2022年8月)の写真です。

正面
0000000010
0000000126

下から
0000000009
0000000127

上あご
0000000006
0000000130

下あご
0000000005
0000000131

右側
0000000008
0000000128

左側
0000000007
0000000129

この患者さんの「問題点」は
検査の結果

・骨格的な上顎前突(下顎が小さい)
・下顎前歯部叢生

治療計画としては

・上顎左右4(第一小臼歯)の抜歯
・左下4(第一小臼歯)の抜歯
・下顎前歯1.0m後退、上顎前歯6.0mm後退
・口蓋にアンカースクリュー
・右下臼歯部にもアンカースクリュー

としました。

下顎の前歯のでこぼこと唇側傾斜をとるために
右下はアンカースクリューで遠心移動、左下は抜歯
と左右で違う方法を採用した症例です。
下顎の奥歯の前後的な位置に大きな左右差があったためです。

なかなか上顎の犬歯が後方に移動せず
(上顎骨の形状、歯の根の長さ等が原因でそういうことがあります)
苦労した症例ですが
なんとか結婚式に合わせて装置を撤去できました。
(最後はラストスパートで2週間間隔で通っていただきましてありがとうございます)
(左上にほんの少し隙間が残ってしまいましたが…)

ご結婚おめでとうございます!

治療方法:上下顎左右第一小臼歯抜歯
使用装置:マルチブラケット装置、リンガルアーチ、アンカースクリュー

これまでにかかった費用は
検査診断 3.5万
唾液検査 0.5万
装置料金 68万(上下顎ホワイトワイヤー)
アンカースクリュー3本 4.5万
調整費 15.5万(0.5万x31回)
保定装置料 2万

<症例情報まとめ>
主訴 上顎前突、下顎前歯叢生
診断名 上顎前突、下顎前歯叢生
年齢 28歳
主な装置 マルチブラケット装置
     リンガルアーチ
     アンカースクリュー
抜歯部位 上顎左右第一小臼歯、左下第二小臼歯
治療期間 2年5ヶ月
治療費  94万+税
リスク 歯肉退縮、ブラックトライアングル、歯根吸収、顎関節症状等

札幌 桑園 矯正歯科egao 笑顔