お知らせ

2018.07.01

上の前歯の凸凹を治したい:ホワイトワイヤー


症例紹介 part7 です。
(患者さんに掲載の許可をいただいております)

この患者さんは、19才女性。
大人の患者さんです。

1年前の2017年6月に
矯正相談にいらっしゃっいました。

「上の前歯の凸凹を治したい」
「唇が閉じにくい」
ということでした。

6月に検査診断、
7月に必要となった抜歯を済ませ、
マルチブラケット装置をセットしました。
現在は11ヶ月が経過しています。

当院でも人気のホワイトワイヤーを選択しています。

初診時(2017年6月)と1年後(2018年6月)の写真です。

正面
0000000006
0000000061

下から
0000000004
0000000060

上顎
0000000012
0000000056

下顎
0000000008
0000000057

右側
0000000005
0000000059

左側
0000000003
0000000058

この方の問題点は

①右上の前歯が前に飛び出している。
②右上の2番目の歯が引っ込んでいる。
③上下の歯の中心が一致していない。
④右下の前歯の叢生(凸凹)

それらを改善するため、
上の小臼歯を左右1本ずつ抜歯、
右下の小臼歯を1本抜歯してもらいました。

右上にアンカースクリュー
を埋入しています。

約1年経った今は抜歯した空隙はほぼ閉じて
でこぼこはしっかり改善しました。
あとはよりしっかり咬ませる最終調整です。
ここからが意外と大事なところなんですが!

あと半年〜1年で装置は撤去できる予定です。
楽しみですね。
頑張りましょう!

札幌 桑園 矯正歯科egao 笑顔