お知らせ

2018.01.15

下の前歯のガタガタを治したい:ホワイトワイヤー


症例紹介 part4 です。
(患者さんに掲載の許可をいただいております)

この患者さんは、35才女性。
ちようど1年前、2017年の1月に矯正相談にいらした患者さんです。

「下の前歯ががガタガタなので治したい」
ということで来院されました。

2017年の1月に矯正相談
2月に検査診断
3月に抜歯など済ませ
4月にマルチブラケット装置セット
現在9ヶ月が経過したところです。

初診時(2017年2月)と1年後(2018年1月)の写真です。

正面
0000000010
0000000049

下から
0000000013
0000000048

上あご
0000000004
0000000045

下あご
0000000002
0000000044

右側
0000000011
0000000047

左側
0000000012
0000000046

患者さんの主訴は「下の前歯のガタガタ」でしたが
他にもいくつか問題点がありました。
・右上の奥歯が大きく外側に生えていて、下の奥歯と咬んでいない。
・左上の犬歯が下の歯より内側にある。
・上下顎前突(上下とも前歯が前に傾いている)

それらの問題点を改善するために、
上下左右1本ずつ小臼歯を抜歯してもらっています。

現在は凸凹は全てなくなったので、抜歯した空隙を閉じながら
前歯を後ろに下げていくところです。

あとこの患者さん、
アンカースクリューを3本使用しています。
上顎の真ん中に2本と
右下のほっぺた側に1本です。

「アンカースクリュー」に関しては次の記事をご覧下さい。

「ネジ?」

最善の咬み合わせというゴールを目指すために必要だったので使用しています。
ちょっと見た目が痛そうですが
実はほとんど痛くありません。
ご安心ください、笑

来年の1月には装置をはずせたらいいですね。

札幌 桑園 矯正歯科egao 笑顔